ZBLD.C20 ブラシレスDCモータドライバ

ホーム / 製品 / モータドライバ & コントローラー / ブラシレスDCモータドライバ / ZBLD.C20 ブラシレスDCモータドライバ

ZBLD.C20 ブラシレスDCモータドライバ

ZBLD.C20 ブラシレスDCモータドライバ


顧客要求に応じてカスタマイズ製品やプロジェクト製品の特注品の提供が可能になっています。お気軽くにご連絡ください。

お問い合わせ

技術仕様

機能説明

仕様書

 

p アラメータ

入力電圧

dc24v〜48v、ac220v(型相関)

入力電流

型相関

基本機能

運転モード

方形波

制御モード

開ループ制御、閉ループ制御

最大出力速度

閉ループ:3000rpm開ループ:12000rpm

スタートストップコントロール

キーボード操作、
端末制御、rs485通信

速度設定

キーボード、内部アナログai1、外部アナログai2、多段速、485通信

キャリア周波数

調整可能なインチング周波数〜20kHz

速度比

F04.03:30

加速と減速

調整可能な線形加速および減速時間

電子ブレーキ

調整可能なブレーキ電流

ポイントコントロール

調整可能なインチング周波数

シンプルで簡単なPLC

モード:単一操作、周期的な操作および他の自動操作モードをサポートして下さい

マルチセクション速度操作

ターミナルを介した最大16セグメント速度操作

バス通信

バス通信

運転管理

コマンドソース

キーボード設定、制御端子設定、通信設定

速度源

キーボードデジタル設定、アナログ電圧設定、マルチセグメント速度設定、通信設定、HDI周波数設定、シンプルなPLC設定

多機能入力端子

F02.00.1〜600.0秒.1〜600.0秒.00 hz〜F00.03(最大周波数):機能コード設定(F02.04)方向スイッチ値入力(di1〜di5)、機能構成可能
npn入力、一部のモデルはpnp入力をサポート

多機能出力端子

双方向スイッチ出力(do1〜do2)、機能設定可能

アナログ入力端子

F04.17.00%つの内部アナログAI1入力(アナログポテンショメーター付きモデル)1つの外部アナログAI2入力、電圧0〜5V(デフォルト)または0〜10V

通信端末

ボーレート19200bpsのrs485通信(a / b-)の1チャネル

操作表示

デジタル管ディスプレイ

表示パラメータ:速度、電圧、電流

キーボード機能設定

始動停止制御、機能コードパラメータ設定

保護機能

短絡検出、出力位相損失保護、過電流保護、過電圧保護、不足電圧保護
過熱保護、過負荷保護、過熱保護

その他の

インストールモード

壁に取り付けられたインストール

動作周囲温度

-10〜50℃、40℃以上のディレーティング

冷却モード

自然冷却

EMCウェーブフィルター

外部の場所

製品モデル

製品モデルは駆動装置のネームプレートに記載されており、駆動装置の基本情報は製品モデルを通じて獲得できます。

識別

説明する

コンテンツ

会社

z:zd-motor

カテゴリー

bld:ブラシレスドライブ

モデル

c20:c20シリーズ

パワー

F04.0400:最大出力400w

属性

l:低圧dc24〜48v
l1:低圧dc12v
l2:低圧dc24v
h:高圧ac220v
d:バンド番号表示
r:rs485通信
c:CANとのコミュニケーション

キーボード紹介

シリアルナンバー

名前

解釈

セグメント12実行時間.0〜999.9s(m)

デジタル表示エリア

多段速度7桁のニキシー管、機能コード、操作パラメーター、および障害アラームを表示

型相関

 

ステータスインジケーター

走る

オフ:シャットダウン状態。フラッシュ:パラメータの識別。オン:動作ステータス

dir

オフ:フォワード;オン:逆

リモート

オフ:キーボード制御。フラッシュ:端末制御;オン:通信制御

警報

オフ:障害なし。フラッシュ:警告状態。オン:障害状態

ユニットインジケーター

hz

周波数単位

a

現在の単位

v

電圧単位

rpm

回転速度単位

割合

F05入力端子パラメーターグループ.0〜999.9s(m).00%

ボタンエリア

prg

プログラミングキー

最初のレベルのメニューのエントリまたは終了

入る

決定キー

ステップバイステップでメニュー画面に入り、設定パラメータを確認します

増分キー

データまたは機能コードの増分

減少キー

データまたは機能コードの減少

>

右シフトキー

シャットダウンおよび操作表示インターフェースでは、右に移動して表示パラメータを選択することができます。パラメータを変更するときに、パラメータの変更ビットを選択できます

ジョグ

キーをクリック

ジョグ操作を開始します(ジョグキーは外付けキーボードでのみ使用できます)

走る

実行キー

運転開始

停止/最初

停止/リセットキー

実行状態では、シャットダウン操作に使用されます
故障状態の場合は、リセット操作に使用されます

キーボード操作

駆動装置には、それぞれ次の3つのレベルの操作メニューがあります。
1、機能コードグループ番号(プライマリメニュー):F00;
2、機能コードラベル(二次メニュー):F00.00;
3、機能コード値(レベル3メニュー):50.00hz。

3レベルのメニュー状態で、パラメーターが点滅しない場合は、機能コードを変更できないことを意味します。理由は次のとおりです。

1)機能コードは読み取りです。操作の頻度、故障コードなど;
2)機能コードはシャットダウン書き込み可能パラメーターであり、シャットダウン後にのみ変更できます。

ファンクション コード

c20駆動機のパラメーターは機能別にグループ化されており、F00からf10までの11のグループがあり、他のグループは表示されていません。各機能グループには、いくつかの機能コードが含まれています。
属性の説明:「r / w」は読み取りと書き込みが可能、「r / w *」はシャットダウンと読み取りと書き込みが可能、「ro」は読み取り専用、「n」は予約済みです。

パラメータ   スコープを設定する デフォルト値 属性
F00基本機能グループ
F00.00 速度制御モード r / w *:テストモード 3 r / w *
1:ホルツァーのリング開口部
2:ホルザー閉ループ
3:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw1のみ有効)
F00.01 動作指示選択 モーターの定格速度:キーボード操作コマンドチャンネル(LEDオフ) 3 r / w
1:端末操作コマンドチャネル(LED点滅)
2:通信運用コマンドチャネル(主導)
3:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw3のみ有効)
F00.02 選択された速度 1〜20:キーボード番号設定 キーボード操作、 r / w
1:アナログai1設定(ノブポテンショメーター)
2:アナログai2設定(外部電圧)
3:modbus通信設定
4:マルチセグメント速度設定
5:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw2、sw3が有効)
6:簡単なplc設定(グループF04)
速度比:高速パルス入力設定(F05.00はhdiを選択)
8:通信設定可能(一部機種のみ有効)
F00.03 動作周波数の上限 F00.04〜500.00hz 250.00hz r / w *
F00.04 動作周波数の下限 備蓄.00hz〜F00.03(最大周波数) 5.00 Hz r / w *
F00.05 通信操作コマンドチャンネル選択 -100.0〜100.0%.00%:modbus通信チャネル F04.10 r / w *
1:通信チャネル(予約)
F00.06 極対数設定 r / w *:機能コード設定(F02.05) 1 r / w *
選択 1:ダイヤルスイッチ設定(一部機種有効)
F00.07 現在の設定の選択 1:機能コード設定(F02.04) 1 r / w *
1:アナログ設定(一部のモデルで有効)
F00.08 加速時間と減速時間 4:肯定的な転換点運動:機能コード設定(F00.11、F00.12) 1 r / w *
セットの選択 1:アナログ設定(キーボードおよび端末で有効)
F00.09 インチング設定周波数 r / w *.00 hz〜F00.03(最大周波数) r / w *.00 hz〜F00.03(最大周波数).00hz r / w
F00.10 キーボード設定頻度 bit5:di6仮想端末.00 hz〜F00.03(最大周波数) 250.00hz r / w
F00.11 加速時間1 0.1〜600.0秒 1.0秒 r / w
F00.12 減速時間1 0.1〜600.0秒 1.0秒 r / w
F00.13 走行方向選択 0:デフォルトの方向で実行します 0 r / w
1:反対方向に実行
2:逆操作を禁止する
F00.14 キャリア周波数設定 8.0〜20.0kHz タイプの決定 r / w *
F00.15 デフォルトの選択に戻す 0:操作なし 0 r / w *
1:デフォルトに戻す
F01始動停止制御グループ
F01.05 シャットダウンモードの選択 0:減速 1 r / w
1:無料駐車場
F01.06 正と負のターニングデッドゾーン 0.000〜9.999s 0.200秒 r / w
時間
F01.07 備蓄 0〜1 0 r / w *
f1.08 Electronic brake 0.1%〜200.0% 5.00% r / w
電流制限点
F01.09 電子ブレーキ調整時間 0.1〜999.9秒 5.0秒 r / w
F01.10 停止速度 減速およびシャットダウン時に0.00〜50.00hzが有効 0.20hz r / w
F01.11 順方向および逆方向スイッチング制限周波数 0.0〜500.0 Hzは、減速およびシャットダウン時に有効 50.0 Hz r / w
F01.12 電子ブレーキトルク保持時間 0.1〜600.0秒 0.0秒 r / w
F01.13 減速停止ブレーキ有効 0:無効 1 r / w
1:減速を有効にするとブレーキがかかり、停止します(F01.05 = 0のときに有効)
F01.14 減速比分子 1〜9999 1 r / w
F01.15 減速比の分母 表示速度=モーター速度/(減速比分子/減速比分母) 1 r / w
F02モーターパラメータグループ
F02.00 モーターの定格電力 15〜2200w タイプの決定 r / w *
F02.01 モーターの定格周波数 0.01hz〜500hz タイプの決定 r
F02.02 モーターの定格速度 1〜9999rpm タイプの決定 r
F02.03 モーターの定格電圧 0〜1200v タイプの決定 r
F02.04 モーターの定格電流 0.8〜999.9a タイプの決定 r / w *
F02.05 モーターの極対 1〜20 5 r / w *
F02.06 モータートルク増加 0.0%〜20.0% 3.00% r / w
F02.07 モータートルクアップカットオフ 0.0%〜50.0% 20.00% r / w
F03制御パラメータグループ
F03.00 備蓄 備蓄 l2:低圧dc24v N
F03.18
F04シンプルplcおよびマルチセクションスピードグループ
F04.00 シンプルPLCモード 0:1回の操作後にシャットダウン 0 r / w
1:1回の操作後も最終的な値を実行し続ける
2:サイクリック動作
3〜n:n-1サイクル操作後にシャットダウン、nmax 9999
F04.01 多段速度0 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.02 多段速度1 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.03 多段速度2 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.04 多段速度3 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.05 多段速度4 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.06 多段速度5 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.07 多段速度6 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.08 多段速度7 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.09 多段速度8 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.10 多段速度9 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.11 多段速度10 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.12 多段速度11 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.13 多段速度12 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.14 多段速度13 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.15 多段速度14 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.16 多段速度15 -100.0〜100.0% 0.00% r / w
F04.17 セグメント0の実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.18 セグメント1の実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.19 セグメント2実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.20 セグメント3の実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.21 セグメント4実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.22 セグメント5実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.23 セグメント6実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.24 セグメント7実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.25 セグメント8実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.26 セグメント9実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.27 セグメント10実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.28 セグメント11実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.29 セグメント12実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.30 セグメント13実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.31 セグメント14実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.32 セグメント15実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒 r / w
F04.33 PLC再起動モードの選択 0:最初のセグメントから再実行 0 r / w *
1:中断時の位相周波数から運転を継続
F04.34 複数期間の時間単位の選択 0:秒(秒) 0 r / w *
1:分(m)
         
F05入力端子パラメーターグループ
F05.00 通信操作コマンドチャンネル選択機能選択 0:通常のIO入力としてのdi3 0 r / w *
1:di3、hdi高速パルス入力
F05.01 di1端子機能の選択 0:無機能 1 r / w *
1:正転操作
2:逆操作
3:3線式操作制御
4:肯定的な転換点運動
5:反転ポイントの動き
6:無料駐車場
7:フォルトリセット
8:電子ブレーキ
9:外部故障入力
F05.02 di2端子機能の選択 バス通信〜13:予約 2 r / w *
F05.03 di3端子機能の選択 14:正の旋回限界 4 r / w *
F05.04 di4端子機能の選択 15:反転限界 7 r / w *
F05.05 di5端子機能の選択 16:多段速1 0 r / w *
F05.06 di6端子機能の選択 17:多段速2 0 r / w *
F05.07 di7端子機能の選択 18:多段速3 0 r / w *
F05.08 di8端子機能の選択 19:多段速4 0 r / w *
F05.09 備蓄 その他:予約済み 0 r / w *
F05.10 入力端子極性選択 電子ブレーキ調整時間〜0x1ff F04.110 r / w
F05.11 フィルタリング時間オフ 0.000〜1.000s 0.010秒 r / w
F05.12 仮想端末設定 F05.100〜0x10f(0:禁止、1:有効) 0x000 r / w *
bit0:di1仮想端末
bit1:di2仮想端末
bit2:di3仮想端末
bit3:di4仮想端末
bit4:di5仮想端末
bit5:di6仮想端末
bit6:di7仮想端末
bit7:di8仮想端末子
F05.13 端末制御操作モード 0:2線式制御1 0 r / w *
1:2線式制御2
2:3線式制御1
製品説明
簡単な紹介。 キーボード紹介 機能コード 障害の説明 技術仕様
機能説明 仕様書 p アラメータ 入力電圧
dc24v〜48v、ac220v(型相関) 入力電流 型相関 基本機能 運転モード
方形波 制御モード 開ループ制御、閉ループ制御 最大出力速度 閉ループ:3000rpm開ループ:12000rpm
スタートストップコントロール キーボード操作、 端末制御、rs485通信 速度設定 キーボード、内部アナログai1、外部アナログai2、多段速、485通信
キャリア周波数 8〜20kHz 速度比 1:30 加速と減速
調整可能な線形加速および減速時間 電子ブレーキ 調整可能なブレーキ電流 ポイントコントロール 調整可能なインチング周波数
シンプルで簡単なPLC モード:単一操作、周期的な操作および他の自動操作モードをサポートして下さい マルチセクション速度操作 端子を介した最大16セグメント速度操作 バス通信
バス通信 運転管理 コマンドソース キーボード設定、制御端子設定、通信設定 速度源
キーボードデジタル設定、アナログ電圧設定、マルチセグメント速度設定、通信設定、HDI周波数設定、シンプルなPLC設定 多機能入力端子 5方向スイッチ値入力(di1〜di5)、機能構成可能 npn入力、一部のモデルはpnp入力をサポート 多機能出力端子
双方向スイッチ出力(do1〜do2)、機能設定可能 アナログ入力端子 1つの内部アナログAI1入力(アナログポテンショメーター付きモデル)1つの外部アナログAI2入力、電圧0〜5V(デフォルト)または0〜10V 通信端末 ボーレート19200bpsのrs485通信(a / b-)の1チャネル
操作表示 デジタル管ディスプレイ 表示パラメータ:速度、電圧、電流 キーボード機能設定 始動停止制御、機能コードパラメータ設定
保護機能 短絡検出、出力位相損失保護、過電流保護、過電圧保護、不足電圧保護 過熱保護、過負荷保護、過熱保護 その他 インストールモード
壁に取り付けられたインストール 動作周囲温度 -10〜50℃、40℃以上のディレーティング 冷却モード 自然冷却
EMCウェーブフィルター 外部の場所 製品モデル 製品モデルはドライブの銘板に記載されており、ドライブの基本情報は製品モデルを通じて学習できます。 識別
説明する コンテンツ 会社 z:zd-motor
カテゴリー bld:ブラシレスドライブ モデル
c20:c20シリーズ パワー 400:最大出力400w
属性 l:低圧dc24〜48v l1:低圧dc12v l2:低圧dc24v h:高圧ac220v
d:バンド番号表示 r:rs485通信 c:缶とのコミュニケーション キーボード紹介 シリアルナンバー
名前 説明する 1 デジタル表示エリア 5桁のニキシー管、機能コード、操作パラメーター、および障害アラームを表示
2 ステータスインジケーター 走る オフ:シャットダウン状態。フラッシュ:パラメータの識別。オン:動作ステータス  
オフ:フォワード;オン:逆 リモート オフ:キーボード制御。フラッシュ:端末制御;オン:通信制御 警報 オフ:障害なし。フラッシュ:警告状態。オン:障害状態
ユニットインジケーター hz 周波数単位 a
現在の単位 v 電圧単位 rpm 回転速度単位
割合 4 ボタンエリア prg
プログラミングキー 最初のレベルのメニューのエントリまたは終了 入る 決定キー ステップバイステップでメニュー画面に入り、設定パラメータを確認します
増分キー データまたは機能コードの増分 減少キー
データまたは機能コードの減少 > 右シフトキー シャットダウンおよび操作表示インターフェースでは、右に移動して表示パラメータを選択することができます。パラメータを変更するときに、パラメータの変更ビットを選択できます ジョグ
キーをクリック ジョグ操作を開始します(ジョグキーは外付けキーボードでのみ使用できます) 走る 実行キー 運転開始
停止/最初 停止/リセットキー 実行状態では、シャットダウン操作に使用されます 故障状態の場合は、リセット操作に使用されます キーボード操作
ドライバーには、それぞれ次の3つのレベルの操作メニューがあります。 1、機能コードグループ番号(プライマリメニュー):F00; 2、機能コードラベル(二次メニュー):F00.00; 3、機能コード値(レベル3メニュー):50.00hz。 3レベルのメニュー状態で、パラメーターが点滅しない場合は、機能コードを変更できないことを意味します。考えられる理由は次のとおりです。
1)機能コードは読み取り専用です。動作頻度、故障コードなど; 2)機能コードはシャットダウン書き込み可能パラメーターであり、シャットダウン後にのみ変更できます。 機能コード c20ドライブのパラメーターは機能別にグループ化されており、F00からf10までの11のグループがあり、他のグループは表示されていません。各機能グループには、いくつかの機能コードが含まれています。 属性の説明:「r / w」は読み取りと書き込みが可能、「r / w *」はシャットダウンと読み取りと書き込みが可能、「ro」は読み取り専用、「n」は予約済みです。
パラメータ 名前 スコープを設定する デフォルト値 属性
F00基本機能グループ F00.00 速度制御モード 0:テストモード
r / w * 1:ホルツァーのリング開口部 2:ホルザー閉ループ 3:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw1のみ有効) F00.01
動作指示選択 0:キーボード操作コマンドチャンネル(LEDオフ) r / w 1:端末操作コマンドチャネル(LED点滅)
2:通信運用コマンドチャネル(主導) 3:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw3のみ有効) F00.02 選択された速度 0:キーボード番号設定
5 r / w 1:アナログai1設定(ノブポテンショメーター) 2:アナログai2設定(外部電圧) 3:modbus通信設定
4:マルチセグメント速度設定 5:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw2、sw3が有効) 6:簡単なplc設定(グループF04) 7:高速パルス入力設定(F05.00はhdiを選択) 8:通信設定可能(一部機種のみ有効)
F00.03 動作周波数の上限 F00.04〜500.00hz 250.00hz r / w *
F00.04 動作周波数の下限 0.00hz〜F00.03(最大周波数) 5.00 Hz r / w *
F00.05 HDI 0:modbus通信チャネル 0 r / w *
1:通信チャネル(予約)
 
 
F00.06
極対数設定 0:機能コード設定(F02.05) 1 0 選択
1:ダイヤルスイッチ設定(一部機種有効) F00.07 現在の設定の選択 5 1
r / w *
1:アナログ設定(一部のモデルで有効)
F00.08
加速時間と減速時間
0:機能コード設定(F00.11、F00.12)
1
r / w *
セットの選択
1:アナログ設定(キーボードおよび端末で有効) F00.09 インチング設定周波数 10 10.00hz
r / w F00.10 キーボード設定頻度 0 250.00hz
r / w F00.11 加速時間1 0 1.0秒
r / w F00.12 減速時間1 0 1.0秒
r / w F00.13 走行方向選択 0:デフォルトの方向で実行します 0
r / w 1:反対方向に実行 2:逆操作を禁止する F00.14 キャリア周波数設定
8.0〜20.0kHz タイプの決定 r / w * F00.15 デフォルトの選択に戻す
0:操作なし 0 r / w * 1:デフォルトに戻す F01始動停止制御グループ
F01.05 シャットダウンモードの選択 0:減速 1 r / w
1:無料駐車場 F01.06 正と負のターニングデッドゾーン 0.000〜9.999s 0.200秒
r / w 時間 F01.07 備蓄 0〜1
0 r / w * f1.08 電子ブレーキ 0.1%〜200.0%
5.00%
r / w 電流制限点 F01.09 0x000 0.1〜999.9秒
5.0秒
r / w
F01.10
停止速度
減速およびシャットダウン時に0.00〜50.00hzが有効
0.20hz
r / w
F01.11
順方向および逆方向スイッチング制限周波数
0.0〜500.0 Hzは、減速およびシャットダウン時に有効
50.0 Hz
r / w F01.12 電子ブレーキトルク保持時間 0.1〜600.0秒 0.0秒
r / w F01.13 減速停止ブレーキ有効 0:無効 1
r / w 1:減速を有効にするとブレーキがかかり、停止します(F01.05 = 0のときに有効) F01.14 減速比分子 1〜9999
1 r / w F01.15 減速比の分母 表示速度=モーター速度/(減速比分子/減速比分母)
1 r / w F02モーターパラメータグループ 0 モーターの定格電力
15〜2200w
タイプの決定 r / w * F02.01 モーターの定格周波数 0.01hz〜500hz
タイプの決定 r F02.02 0 1〜9999rpm
タイプの決定
r F02.03 モーターの定格電圧 0〜1200v タイプの決定
r F02.04 モーターの定格電流 0.8〜999.9a タイプの決定
r / w * F02.05 モーターの極対 0 5
r / w *
F02.06 モータートルク増加 0.0%〜20.0% 3.00% r / w
F02.07 モータートルクアップカットオフ 0.0%〜50.0% 20.00% r / w
F03制御パラメータグループ F03.00 備蓄 0 16
 
 
 
F03.18 F04シンプルplcおよびマルチセクションスピードグループ F04.00 シンプルPLCモード 0:1回の操作後にシャットダウン
0 r / w 1:1回の操作後も最終的な値を実行し続ける 2:サイクリック動作 3〜n:n-1サイクル操作後にシャットダウン、nmax 9999
F04.01 多段速度0 -100.0〜100.0% 0 r / w
F04.02
多段速度1
-100.0〜100.0% 0.00% r / w 1 多段速度2
-100.0〜100.0% 0.00% r / w 4 多段速度3
-100.0〜100.0%
0.00%
r / w
F04.05
多段速度4
-100.0〜100.0%
0.00%
r / w F04.06 多段速度5 0 0.00%
r / w
F04.07
多段速度6
-100.0〜100.0%
0.00% r / w F04.08 5 -100.0〜100.0%
0.00% r / w F04.09 多段速度8 -100.0〜100.0%
0.00% r / w   0 多段速度9
-100.0〜100.0% 0.00% r / w 0x00 多段速度10
-100.0〜100.0%
0.00%
r / w
F04.12 多段速度11 -100.0〜100.0% 1 r / w
F04.13 多段速度12 -100.0〜100.0% 4 r / w
F04.14
多段速度13
-100.0〜100.0%
0.00%
r / w
F04.15
多段速度14
-100.0〜100.0% 0.00% r / w F04.16 多段速度15
-100.0〜100.0% 0.00% r / w 0 セグメント0の実行時間
0.0〜999.9s(m)
0.0秒
r / w F04.18 セグメント1の実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.19 セグメント2実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.20 セグメント3の実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.21 セグメント4実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.22 セグメント5実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.23 セグメント6実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.24 セグメント7実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.25 セグメント8実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.26 セグメント9実行時間 0.0〜999.9s(m) 0.0秒
r / w F04.27 セグメント10実行時間 0 0.0秒
r / w F04.28 セグメント11実行時間 1  
0.0秒 r / w F04.29 0 0.0〜999.9s(m)
0.0秒
r / w
F04.30
セグメント13実行時間
0.0〜999.9s(m)
0.0秒
r / w
F04.31
セグメント14実行時間
0.0〜999.9s(m)
0.0秒
r / w
F04.32
セグメント15実行時間
0.0〜999.9s(m)
0.0秒
r / w
F04.33
PLC再起動モードの選択
0:最初のセグメントから再実行
0
r / w *
1:中断時の位相周波数から運転を継続
F04.34
複数期間の時間単位の選択
0:秒(秒)
0 r / w * 1:分(m) 0 F05.00
HDI機能選択 0:通常のIO入力としてのdi3 0 0 1:di3、hdi高速パルス入力
F05.01 di1端子機能の選択 0:無機能 0 r / w *
1:正転操作 2:逆操作 3:3線式操作制御 0 5:反転ポイントの動き
6:無料駐車場 7:フォルトリセット 8:電子ブレーキ 9:外部故障入力 F05.02
di2端子機能の選択 10〜13:予約 2 0 F05.03
di3端子機能の選択
14:正の旋回限界
4
r / w *
F05.04
di4端子機能の選択 15:反転限界 7 0 F05.05
di5端子機能の選択
16:多段速1 0 r / w * F05.06 di6端子機能の選択
17:多段速2 0 r / w * F05.07 di7端子機能の選択
18:多段速3 0 r / w * F05.08 di8端子機能の選択
19:多段速4 0 r / w * F05.09 備蓄
その他:予約済み 0 r / w * 0x00 入力端子極性選択
0x000〜0x1ff 0x000 r / w F05.11 フィルタリング時間オフ
0.000〜1.000s 0.010秒 r / w F05.12 仮想端末設定
0x000〜0x10f(0:禁止、1:有効) 0x000 r / w * bit0:di1仮想端末 bit1:di2仮想端末
bit2:di3仮想端末 bit3:di4仮想端末 bit4:di5仮想端末 0 bit6:di7仮想端末
 

bit7:di8仮想端末子

F05.13

端末制御操作モード

0:2線式制御1

0

r / w *

1:2線式制御2

2:3線式制御1

製品説明

簡単な紹介。

キーボード紹介

3. 

障害の説明

技術仕様

機能説明

仕様書

p

3. 

入力電圧

dc24v〜48v、ac220v(型相関)

入力電流

2

基本機能

運転モード

方形波

制御モード

開ループ制御、閉ループ制御

最大出力速度

閉ループ:3000rpm開ループ:12000rpm

スタートストップコントロール

5

端末制御、rs485通信

速度設定

キーボード、内部アナログai1、外部アナログai2、多段速、485通信

キャリア周波数

8〜20kHz

7

1:30

加速と減速

調整可能な線形加速および減速時間

電子ブレーキ

調整可能なブレーキ電流

ポイントコントロール

8

シンプルで簡単なPLC

モード:単一操作、周期的な操作および他の自動操作モードをサポートして下さい

マルチセクション速度操作

端子を介した最大16セグメント速度操作

バス通信

10

運転管理

コマンドソース

  1. キーボード設定、制御端子設定、通信設定
  2. 速度源
  3. キーボードデジタル設定、アナログ電圧設定、マルチセグメント速度設定、通信設定、HDI周波数設定、シンプルなPLC設定
  4. 多機能入力端子

5方向スイッチ値入力(di1〜di5)、機能構成可能
npn入力、一部のモデルはpnp入力をサポート
多機能出力端子
双方向スイッチ出力(do1〜do2)、機能設定可能

アナログ入力端子

1つの内部アナログAI1入力(アナログポテンショメーター付きモデル)1つの外部アナログAI2入力、電圧0〜5V(デフォルト)または0〜10V

通信端末

ボーレート19200bpsのrs485通信(a / b-)の1チャネル
操作表示
デジタル管ディスプレイ

表示パラメータ:速度、電圧、電流
キーボード機能設定
始動停止制御、機能コードパラメータ設定

保護機能

短絡検出、出力位相損失保護、過電流保護、過電圧保護、不足電圧保護

過熱保護、過負荷保護、過熱保護

その他の
インストールモード
壁に取り付けられたインストール

動作周囲温度
-10〜50℃、40℃以上のディレーティング
冷却モード

自然冷却

EMCウェーブフィルター

外部の場所

製品モデル
製品モデルはドライブの銘板に記載されており、ドライブの基本情報は製品モデルを通じて学習できます。

識別

説明する

コンテンツ

会社

z:zd-motor

カテゴリー

bld:ブラシレスドライブ

モデル

c20:c20シリーズ

パワー

400:最大出力400w

属性

l:低圧dc24〜48v
l1:低圧dc12v

16

h:高圧ac220v

d:バンド番号表示

r:rs485通信

c:缶とのコミュニケーション

キーボード紹介

シリアルナンバー

名前

説明する

1

デジタル表示エリア

5桁のニキシー管、機能コード、操作パラメーター、および障害アラームを表示

2

ステータスインジケーター

走る

オフ:シャットダウン状態。フラッシュ:パラメータの識別。オン:動作ステータス

dir

オフ:フォワード;オン:逆

リモート

オフ:キーボード制御。フラッシュ:端末制御;オン:通信制御

警報

オフ:障害なし。フラッシュ:警告状態。オン:障害状態

ユニットインジケーター

hz

周波数単位

a

現在の単位

v

電圧単位

rpm

回転速度単位

割合

4

ボタンエリア

prg

プログラミングキー

最初のレベルのメニューのエントリまたは終了

入る

決定キー

ステップバイステップでメニュー画面に入り、設定パラメータを確認します

増分キー

データまたは機能コードの増分

減少キー

データまたは機能コードの減少

>

右シフトキー

シャットダウンおよび操作表示インターフェースでは、右に移動して表示パラメータを選択することができます。パラメータを変更するときに、パラメータの変更ビットを選択できます

ジョグ

  1. キーをクリック

ジョグ操作を開始します(ジョグキーは外付けキーボードでのみ使用できます)

走る
実行キー

運転開始

停止/最初

停止/リセットキー

実行状態では、シャットダウン操作に使用されます
故障状態の場合は、リセット操作に使用されます

キーボード操作
ドライバーには、それぞれ次の3つのレベルの操作メニューがあります。

1、機能コードグループ番号(プライマリメニュー):F00;

2、機能コードラベル(二次メニュー):F00.00;

3、機能コード値(レベル3メニュー):50.00hz。

  1. 3レベルのメニュー状態で、パラメーターが点滅しない場合は、機能コードを変更できないことを意味します。考えられる理由は次のとおりです。
  2. 1)機能コードは読み取り専用です。動作頻度、故障コードなど;

2)機能コードはシャットダウン書き込み可能パラメーターであり、シャットダウン後にのみ変更できます。
機能コード
c20ドライブのパラメーターは機能別にグループ化されており、F00からf10までの11のグループがあり、他のグループは表示されていません。各機能グループには、いくつかの機能コードが含まれています。

属性の説明:「r / w」は読み取りと書き込みが可能、「r / w *」はシャットダウンと読み取りと書き込みが可能、「ro」は読み取り専用、「n」は予約済みです。

パラメータ

名前

スコープを設定する
デフォルト値

属性
F00基本機能グループ

F00.00

速度制御モード

0:テストモード

r / w *

1:ホルツァーのリング開口部

2:ホルザー閉ループ

3:ダイヤルスイッチ設定(一部機種sw1のみ有効)

F00.01
動作指示選択

0:キーボード操作コマンドチャンネル(LEDオフ)